内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

こんにちわ。

出蔵です。

 

今日は、もう少しで工事が本格始動する解体後の物件をご紹介します。

解体後の建物の中を見たことって皆さんありますか?

あまりない方が多いのではないでしょうか?

この建物のすっぴん(ありのまま)を見られるのも建築工事にかかわっている特権だと思います。

その物件のすっぴん(ありのまま)を食い入るように見て、隠れた悪いところ(漏水)とか、

昔に直したところを見て、工事をして隠れる前に建物の診断をします。

いわゆるお医者さんみたいなこともするのが、監督の役目です。

この何もない空間を見てこれから、またこの物件がどんどんとできあがり、お客様がここで暮らすことを想像するのが、私は好きです。ひとつひとつ丁寧に作って行きたいと思います。

解体1

解体中の様子です。壁に直接下地のプラスたーボードという板を貼るために、

接着剤(GLボンド)のようなものが壁にたくさん残っています。

仕上げの際に少しでもひろくするために、このボンドもひとつひとつ手作業でとります。

解体2

解体完了

これから、墨だしという壁の位置とか扉の位置を直接床に

書いていく作業をします。

 

 




PAGE TOP