内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

こんにちは

NENGOリノベーション、シチジョウです。

 

さて、今日は「窓」についてのお話です。

 

「窓」という言葉から、どんなイメージを思い浮かべますか?

 

採光、通風、眺望など 機能面を考える方も多いかもしれません。

 

今日は少し違った切り口から「窓」を考えてみましょう。

 

 

窓は、その建物の表情をかたちづくる大きな要素です。

 

特にマンションやオフィスビルでは同じパターンの窓が連なっており、

その建物に一体感を生み出します。

外装写真

 

そして、そうした建物が立ち並ぶことによってまちなみはつくられていきます。

 

 

NENGOでは

「外装はまちなみのもの」

という考えを大切にしています。

 

 

窓(サッシ)を自分好みに変えたい!性能を向上させたい!という方も多くいらっしゃると思います。

 

しかし、個々が好き勝手にサッシを取り替えてしまったら、

外から眺めたとき、統一感のないバラバラな印象をうけ、マンション全体の価値を損なうでしょう。

 

 

マンションの規約においても

窓(サッシ)は共有部として、

個人の都合でリフォームすることは禁止されていることがほとんどです。

 

ただ、平成16年のマンション標準管理規約に改正により、

性能向上のためのガラス交換は認められるようになりました。

 

また、大胆なリフォームは出来なくとも

メンテナンスは所有者の権限で行うことが出来ます。

 

窓のガタツキがあった場合は、サッシの調整や戸車の交換である程度修復することが可能です。

 

二重サッシの取付もおすすめです。

 

内窓なので、外観を損なうことなく居住環境を向上させることが出来

ます。

特に断熱や遮熱、防音、結露防止を気にされる方には大変おすすめです。

 

取付時間も短く済み、手軽にリフォームできます。

 

最近では無垢材を使用したものなど

バリエーションも豊富になってきているので、

自分好みのものが見つかるかもしれません。

 

 

少し話がそれてしまいましたが、

 

今回は「外装はまちなみのもの」

 

という観点から「窓」をご紹介しました。

 

 

自分の生活はその内部で完結することはなく、

多かれ少なかれまちやまちなみと関わっているんですよね。

 

「窓」は内部と外部をつなぐ緩衝部ともいえるでしょう。

 

外観写真2

 

 

最後に、

おすすめの本を紹介します。

 

「WindowScape」という世界各地の「窓」に焦点をあてた本です。

 

Scapeには「景」という意味があります。

 

窓辺の風景 といったところでしょうか。

 

 

内部窓

 

ぜひ、窓辺で美しく快適な生活をお過ごしください。

 

 

内部窓2

(ちなみに、これは私です。施工現場チェックでの一枚です。)

 

NENGOリノベーション 七條




PAGE TOP