内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

皆様こんにちは。

 

NENGOリノベーション平岡健太です。

最近は朝晩が肌寒く、

そろそろ秋の季節がやってきたのではないでしょうか。

 

さて、今回は左官工事について少しお話したいと思います。

 

現在進行中の現場で左官工事がありました。

左官工事の場所は施工前まで存在していた間仕切り壁の下地部分の溝

及びにその両サイドSL(スラブライン)の不陸調整でした。

水平に仕上げていく、

且つ判断スピードとフットワークの軽さに驚かせられました。

(※レベルの高い職人さんですので当然なことではありますが、改めて、、、)

 

今建築業界では左官業者が不足しています。(※建築全体的にですが、、、)

左官屋は約20年前から減少しているようです。

理由はバブル時に大量の住宅が建てられる際

いかに職人の手間を減らし、材料などでカバーできるかを考えてた結果だそうです。

クロスが現住宅にスペックされている流れと似ている気がします。

 

ただ私は今後リノベーション業界が伸びていく中で左官工事は必須だと考えています。

機械でもなく、特殊材料でもなく、人の手(温もり)で仕上げることから抜出す道は

この先決してないでしょう。私はそう思います。

臨機応変に人の手(温もり)で建築していくからこそ

自身の住宅に愛着が湧ける。これも一つの理由ではないかなと思います。

110




PAGE TOP