内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

突然ですがクイズです。


スイスの建築家コルビジュエが、

『新しい建築の5つの要点(ピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由な立面)』を体現した、

世界遺産に登録されている建物はなんでしょうか。

正解は、こちら。














サボア邸-photolibrary



有名な『サヴォア邸』です。


では、この真っ白な『サヴォア邸』に使われている外壁塗料はなんでしょうか。

正解は、、、






『カイム ロイヤラン』という外装用塗料です!

(正解した方は相当な建築?建材?オタクです!笑)



『カイム ロイヤラン』の歴史は古く、

18世紀のバイエルン王国の国王であるルートヴィッヒ1世が、

王宮の外壁に描いていたフレスコ画を気候に負けずに、長く美しく保たせたいという想いから、

耐候性のある塗料の開発を依頼したことに端を発しているそうです。


出典http://www.keim-mp.jp/


通常、仕上げの塗料は『塗装面下地の表面に膜を張る』というのが主流なのですが、

こちらの塗料は、無機系の塗装面の下地(モルタルやコンクリート等)に浸透してアルカリ分と反応し、

『塗装面の下地と一体化することにより強固な浸透性の膜を形成する』ことから、

付着力に優れ躯体を長期間に渡って保護することができるそうです。

色彩の建築家というわれれる『ブルーノ・タウト』にも愛され、

彼の数多くの作品にも使われています。


出典www.panoramio.com



『100年後の街つくり』を体現する為にも、

いつか新築でこの塗料をつかってみたいと思います、、、!!




外装リニューアル部 森川


PAGE TOP