内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

こんばんは

NENGOリノベーションの七條です。

 

晴天もつかの間、また大雨です。

本格的に梅雨入りですね

 

さて、今回は「モデュール」についてのお話です

 

モデュールとは基準寸法のことです。

 

先日とある駅構内でこんな光景を目撃しました。

 

画像 006

 

腰かけたり、テーブルとして利用したり、みなさん各々の過ごし方をされています。

 

ちょっとした仕掛けでこんな場所が出来上がるんですね。

 

 

そこには寸法の操作が大きく関わっています。

 

高さ・幅・奥行

 

これらを適切に組み合わせることによって

人の行動を促すことができます

 

みなさんも身の回りのものがどういった寸法でつくられているか意識したことはありますか?

 

窓際で腰かける姿を思い浮かべてください

 

腰かける位置は

高さ80㎝がよい寸法とされています

(ちなみに私の場合、腰の高さです。)

 

あくまで標準なので

 

高くすればもたれるような形になり、

低くすれば脚をゆったりとのばすことができます。

 

寸法を変えることで

「座る」という行為に様々なバリエーションを生みだします

 

 

自分にとって「ちょうどいい」場所は

他人にとってもそうとは限りません。

 

身長でも大きく変わってくるでしょう

 

 

 

みなさんにはお気に入りの場所はありますか?

 

ちょっとしたくぼみが落ち着いたり、

逆に美術館のような広い空間が気持ちよかったり。

 

そんな感覚は、寸法という数字によって裏付けられていたりもするのです。

 

もちろん他にも、開口や素材などのたくさんの要素がありますが。

 

 

その場所はなぜ居心地が良いのか?

 

ぜひ一度、感覚を掘り下げてみてください

 

面白い発見がきっとあるはずです。

 

 

それではまた来週!

NENGOリノベーション シチジョウ




PAGE TOP