内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

こんにちは

NENGO RENOVATIONの七條です。

 

5月だというのに真夏日が続いていますね

5月らしい爽やかで新緑の季節がたまらなく好きなのですが、

すっかりそれを通り越してしまったようです。

今夏がいまから思いやられます…..

 

 

さて、今日は掲載誌のお知らせです!

NENGO RENOVATIONにてプロデュース・施工させていただいた物件が

「世田谷ライフ」に掲載されました!

 

■掲載誌

世田谷ライフ 枻出版

「新しい暮らし、はじまる。二子玉川・桜新町・用賀」(NO.53)

■掲載物件

リビングダイニング2

「色彩と陰影のリノベーション」
プロデュース・施工:NENGO
デザイン:カガミデザインリフォーム


詳細はHP「建築事例」をご覧ください。

 

最近ではご家族に新しいお子様が生まれ

4人家族としてますます素敵な暮らしをされています!

TRUCKの家具が各所に使用されており、お部屋の色彩や素材感ととてもマッチしています。

私も何度かお邪魔させていただいておりますが、ついつい居心地がよくて長居してしまいます….

 

物件はもちろんですが、今最も熱い「世田谷」を是非ご覧くださいませ!

緑豊富で住環境が良く、ほどよく開発が進み地元の個人店とも共存していますね。

NENGO RENOVATIONでも世田谷エリアは多く手掛けさせていただいております。

竣工見学会も随時開催しておりますので、HPをちょくちょくご覧いただければと思います!

 

 

NENGO RENOVATION

七條

 


                            

こんばんは

NENGO RENOVATIONの七條です。

 

現在、竣工に向けてラストスパートをかけております!

1歩ずつ進んでいった工事ですが

これまで断片的であったものが、ようやく「ひとつ」につながり

空間の全容があらわになったように思います。

 

養生を剥がし空間全体を体感し、

とても気持ちのよいお部屋になったと強く思いました。

(この気持ちよさは、当初より確信していました。)

IMG_2324

IMG_2313

IMG_2325

南北をつなぐ15mにも及ぶフローリングデッキと土間

ゆるやかにくぎる段差 通常階段は1段高さが150〜200mmあるのですが今回は80mm。

この寸法が絶妙です。

南北の開口を風と光が通り抜けます。

 

なんといってもデッキから見渡す風景がたまらないのです。

外にひろがる緑、柔らかにさしこむ光

これらは1日の中で表情を変えていきます。

いつもうっとりしながら佇んでしまいます。

 

 

私はこの「気持ちよさ」こそが非常に大切だと考えています。

生理的、感覚的に「気持ちよい」と思えること。

お仕着せな格好よさなどではなく。

 

特にリノベーションは既存がもつ要素をいかに活かすかが重要になります。

今回はシンプルな空間構成によって

もともとの部屋がもつ気持ちよさを最大限引き出しています。

 

 

今週はさらなるクオリティーアップウィークとなります。

お引渡しに向けて頑張ります!

 

NENGO RENOVTION

シチジョウ

 

 


                            

こんばんは、ご無沙汰しております

NENGO RENOVATIONの七條です

 

先週・今週の土日と、お施主様によるセルフペイントを行いました!

 

今回は壁、床、家具とボリュームてんこ盛り。

多くのご友人にもお越しいただき、お施主様チームには非常に頑張っていただきました!

 

壁はAEP の白をベースに,

それぞれの場に合わせてアクセントウォールとしてポーターズペイント、漆喰塗装を使用しました。

 

床は一部ラワン合板を使用しており、無塗装では色味やささくれが気になるということで

染色塗装を行いました。

職人にも頑張っていただき、ラワンの市松貼り、無塗装でも簡素ながら非常に上品で綺麗な仕上がりとなっていました。

そこに塗装を加えることで見違えるような仕上がりとなりました。

IMG_2011

 

IMG_2183

IMG_2176

IMG_2179

品がある=高価 ではないということを改めて実感しました。

つまり1番重要なのは「素材の力」を最大限引き出すということです。

 

歴史ある建築も、戦時中物資が不足していたため、安価な素材を活かしながらコンセプチャルな空間をつくりあげていました。

「簡素で上質な空間」、、日本の建築に通じる要素でありヒントが隠されているように思います。

 

それでは、また来週。

 

 

シチジョウ

 


                            

PAGE TOP