内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

こんにちは

森井です。

 

先日根津美術館へ行ってまいりました。

IMG_1080

 

まず見ていただきたいのはエントランス。

思わず写真をとりたくなりました。

IMG_1081
 

右側には竹が植えてあるのですが、

左側の壁にも竹が打ってあります。

両側から挟まれると、まるで竹林を通っている様。

一気に雰囲気が変わりました。

表参道からの賑わいから一変します。

 

こういったエントランスへの通路、壁側には、

よく展示会の案内パネルなどが掲示してありますよね。

ここには一切ありません。

その違いだけで美術館へ入るまでの雰囲気ががらりと変わります。

 

この壁は何の素材だろう、この照明の使い方素敵、

美術館でもそんな演出が気になって仕方なかったです。

 

home_img_list_04

 

 
根津美術館 【設計・施工等】
本館・NEZUCAFE
設計・監理      隈研吾建築都市設計事務所
施工   清水建設株式会社
展示室設備 制作・施工           コクヨオフィスシステム株式会社
照明設計・制作           株式会社キルトプランニングオフィス
茶室設計・施工           東京心傳庵
庭園施工・管理           有限会社晴風苑
 

home_img_list_02


                            

 

雪が雨に変わる季節になり

渋谷に向かう線路下の梅が雨に濡れて

いろ鮮やかに佇んでいます。

梅

渋谷駅の開発が始まり

まちが大きく変わろうとしています。

われわれの想像を超えて成長するのでしょうか。

渋谷

梅の名がつく土地でのマンションの

上からの景色を見て美しいという思いと

家々のみらい、とそのみらいの景色を

思いました。

屋根

 

ひとつひとつの屋根、

ひとへや、ひとへやが

おひとり、おひとりが

笑顔をなるように。

 

NENGO renovation

大井

 

 

 

 


                            

こんにちは

七條です。

 

宮前平の現場、竣工に向け大詰めです。

非常によい「かたち」になってきました。

IMG_6325

1Fとは思えない贅沢な眺望と開放感があります。

 

全体像はおあずけとして…..

今日は施工に携わっているからこそのこだわりをお伝えしたいと思います。

 

 

まずは床のおさまり

IMG_6319

このおさまりの気持ちよさ、お分かりになりますでしょうか???

 

フローリングとPタイル、この異素材をステンレスのフラットバーで見切っています。

フラットバーは厚さ2mm、ステンレスの質感と相まってシャープさが際立っています。

 

フローリングとPタイル、フラットバーが隙間なく「面一」でおさまっていることの気持ちよさ

 

施工に携わるまでは、こんなところ視界にも入っていませんでした(笑)

全体の「雰囲気」でしか空間を捉えていなかったと思います。

 

しかし、この仕事に携わってから、それがどれだけ難しく技術を要することか身をもって体感しました。

こうしたおさまりが集積して、ひとつの「綺麗な」空間が出来上がることも。

自分の視界がひろがったのか、視線が行き届くようになったのか分かりませんが、

確実にみえていなかったものが「みえる」ようになってきました。

 

どこ行くにも、おさまりをついつい眺めてしまうようになりました。

帰省した際に、自宅を見る目線がまるで変わっていて、驚いたのを覚えています。

面白いものですね

 

 

次にいきます。

造作デスクの穴です、配線孔です。

 

IMG_6322

 

こちらのデスクはラーチ合板にフレキ板を貼って仕上げています。

フレキ板はセメント系の材料で非常に硬く、切るのも容易ではありません。

しかし、非常に綺麗に穴がくりぬかれています。

積層している様子がわかるのもまた良いですね。

なんだかこのくりぬかれた円柱がかわいらしくて捨てられません。。

 

 

こうした「部分」をよ~く眺めてみるとたのしい発見がありますよ!

 

 

七條

 

 


                            

PAGE TOP