内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

NENGOの佐藤です。

川崎モデル
ご存知でしょうか?

そんな川崎モデルを広く世に広めた方が
なぜ、川崎モデルは成功したのか?」の著者;藤沢久美さん

そんな藤沢久美さんと三浦川崎副市長・川崎モデルのチーム川崎の皆様と
先日 川崎巡りをしました。

*********************************

#日進月歩~相楽ホーム@日進町

#unico

# VUILD

#創壮

# 中目卓球ラウンジ川崎分室

# unicourt

# NENGO

#トカイナカ

# タベルナヴァッカクアトロ

**********************************

といった川崎満載のコース。

まだまだ川崎には注目度の高くて紹介したい場所はたくさんあるのですが、残念ながら1日で回るのは時間の関係でここまで。

こうやって見学会をさせて頂けるのもunicoさん初め、関わる皆様のお陰です。大感謝です。

今後もこうやつて注目して頂き、川崎市の盛り上げにもっとたくさん関わり、その地域らしさ、川崎らしさの一助になれればと思うばかりです。

 

※チーム川崎はメンバーも変わり、久々の方も初めましての方もいらっしゃいました。

3年前に私が川崎市役所の方にメールをしたことが懐かしく思います。

そして今では多くのご縁を頂いております。しかしあの時のメールはなくても、ご縁は必然だったのかもしれませんね。

そして念願の藤沢久美さんにもようやくお会いできましたので記念の2ショット!@unicourt

ガンジーポーズ?!というリクエストだったので。。。笑

現場監督の本業は?! 後日のブログで

See you  soon!

 




                            

皆さんこんにちは。建築統括本部の出蔵です。

いきなりですが、皆さんこだわってますか?
【こだわり】というと敷居が高い気がしますが、目玉焼きを黄身から食べる派、白身から食べる派、混ぜて食べる派もひとつのこだわりだと思います。
私たちものづくりに関わるものはこだわりを持ってほしい!と、私は考えます。そんな私は、各箇所の寸法にこだわっています。そこに全ての納まりの理由と英知が凝縮されていると言っても過言ではない(ちょっと大げさです)

そんなこだわりポイントですが、建具(部屋と部屋を隔てる扉です)の上の枠の段差の寸法ですが、私は15mmです。(すごいマニアックで、恐縮です。建築をやっている人がうんうんと言ってほしいです)
それは、アームストッパーがついた時などに、扉を締めてもストッパーが見えず、かつ光が漏れない寸法です。

あとは、タイルの貼りしろは何ミリで考える?など、マニアック談義募集します。

下の写真は上枠の話です。この建具は埋め込み丁番にして、建具と枠を面に見えるように糸面、建具と枠のチリを1mm設定にしています。





                            

                            

なんでこんなにワクワクするのでしょう。吉崎です。
もちろん普段のマンションリノベーションがワクワクしないわけではないが、木造が持つ独特の雰囲気に心を奪われてしまいます。
個人的には、あまり作り込まず、この雰囲気をできるだけ残した空間に暮らしてみたいです。




                            

PAGE TOP