内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

こんにちは
森井です。
 
暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
 
今日は「石見銀山」の紹介です。

さて、みなさん「石見銀山」何県にあるかご存知でしょうか。
 
 
 
そう!島根県です。
 
 
 
石見銀山は、島根県大田市大森町にある日本最大級の銀山です。
 
戦国時代後期~江戸時代の最盛期には世界の銀の1/3を産出したとも言われており、
今でも当時ノミで削って作られた坑道が残されています。
 
 
ですが、今日はあえて坑道ではなく周りの街並みを写真で紹介します。
 
 
ここは”古きよきくらし”を伝える街並み
 
観光地でなく、人が生活している街なのです。
この道は小学生の通学路であり、住民の生活路となっています。
家の脇には乗用車が停まっており、
街並みに合わせた郵便局や銀行も並んでいます。
 
 
もはや世界遺産の「銀山」を抜いても歩くだけで楽しい道です。
 

 
 
タバコやさん
 
架台のタイルもレトロ
 
 
建具の設えが気になる。
 
硝子の模様がかわいい。
 
 
踏み石が瓦、これはよく見ますね。
 
 
 
お目当てのパンやさんで休憩
 
 
 
以前はマイクロバスが何台も出入りしていましたが、観光地のがやがやとした様子が落ち着きました。
この看板にあるように、これからも大森町のまちと暮らしが続いてほしいですね。

ちょうど今年は、世界遺産登録10周年を迎える記念すべき年です。
島根に来たときはマストで訪れてみてください。



                            

外装リニューアル事業部の森川です。

昨日打ち合わせ後に街を歩いていると、目を引く建物に出会いました。

その建物とは、こちら。

目地

遠目からみると、一見変哲もない綺麗な白い建物、なのですが、
近くでみると、なんとも心動かされるデザインがほどこされていました。

それは、「目地」のデザインです。

窓フレームに対して伸びるラインは「ひびわれ誘発目地」
水平に伸びるラインは「打ち継ぎ目地」です。

これらの目地(溝)には、「シーリング材」という弾力性のある材料が充填されています。

ちなみに、「打ち継ぎ目地」は、鉄筋コンクリート造などの建物の主に各階ごとに分けて打ち込まれたコンクリートの接続部分をさします。接続箇所は、構造上・防水上の弱点になり易い為、外壁等では雨水浸透防止の為に目地を設け、シーリング材で充填をします。

「ひび割れ誘発目地」は、名前の通り、ひび割れを意図的に発生させる為の目地を指します。
コンクリートは、温度や湿気等により伸縮する性質をもっている為、それが原因でひび割れが発生します。
「ひび割れ誘発目地」、そのひび割れの発生箇所をコントロールするために使用します。

一般的な「ひび割れ誘発目地」の位置は、なるべく目地が目立たないよう、
窓等の開口位置に合わせて水平垂直にいれる事が多いですが、
こちらの物件は、通常は目立たないように隠すしてしまう機能としての目地をあえてデザインとしてみせていました。

機能とデザインを分けずに考えると、まだまだ新しいデザインが生まれるかもしれません。


外装リニューアル事業部 森川




                            

こんにちは
森井です。
 
お出かけには最適な季節ですね。
今回は、現場の話から少し離れて・・・
最近ふらっと訪れてヒットな街があったので紹介します。
 
蔵前です。
浅草線と大江戸線が通っており、浅草からも近い下町です。
 
一言で言うと、東京の下町風情は残しつつ、新しいデザインショップも並ぶ、新旧混じった楽しい街。
 
FullSizeRender
 
タイムスリップしたようなレトロな駄菓子やさんが現れたり、
小道具やさんや、昭和の香り漂う古本屋さんがあったり、
初めてみたのですが、おもちゃが山積みになった問屋さんがあったり・・・
思わず写真を撮りたくなる建物が現れます。
 
歩くだけで、元々ものづくりの街です!と街が訴えてくるようです。
 
そんな蔵町、手仕事のショップがたくさん並んでいますが、
ぜひ立ち寄ってほしいのが、
オーダーノートが作れる「カキモリ」さん。
 
FullSizeRender (6)
 
オーダーノートは、表紙、裏表紙から中の紙まで、全て自分好みに選ぶことができます。
表紙と一言でいっても、革、フェルト、紙、リネンなど素材も様々あり、
私は迷いに迷って棚の前を行ったりきたり・・・。
 
unnamed
 
一つ一つ触って、やっとお気に入りを見つけました。
 
その場で店員さんが、ガチャ、トントン作ってくれます。
 
ものづくりを感じるだけでなく、
自分で体験して(作ってくれるのは店員さんですが・・・)、
更に満足度が上がりました!
 
是非、蔵前さんぽした時には立ち寄ってみてください。
ノートの中紙がなくなっても、またこちらで仕立ててもらえるので、
長く使えますよ。
 
他にもおすすめのショップがあれば
是非おしえてください。

それでは。

FullSizeRender




                            

PAGE TOP