内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ



こんにちは。

写真は、今週から動き出した現場のフローリングサンプルです。

強度と耐候性に優れた信州のカラマツを使ったフローリング材で、お施主様が開発に携わられています。経年変化を楽しめる浮造りの風合いが特徴的です。

また、壁はカラマツのフローリングと合わせて、自然素材との親和性が高い弊社のPOTER’SPAINTSで塗装します。

本物の素材にこだわったリノベーションがスタートします。

 

ここで、今回のリノベーションにも通ずるなと思い、建築史家 藤森照信さんの言葉をご紹介します。

 

“私は、建築の基礎は素材だと思っています。現代建築には、まずコンセプトがあるでしょう。それから形があって、構造を考えて、最後に仕上げ材が決まる。仕上げ材は、カタログを見ながら最後に電話で決められることが多い。でも、それは間違っていると思うんです。人間が相手を見るときには、まず顔を見ますよね。日本では「顔色を見る」と言いますが、顔の表情や皮膚の状態を見れば、お医者さん、とりわけ漢方医なら健康状態もわかるでしょう。それと同じように、私は、はじめに仕上げの素材があって、その構造があって、それから形があって、最後にコンセプトがあるというふうに考えていて、仕上げ材にはすごくこだわっています。そして、できるだけ石、木、土、それから草といった自然の素材を使う、それもできるだけ工業化しないで使う、自然のものは全部個別です。木であれば割れたり曲がったりしているけれど、それをできるだけ生かして、ラフな感じで使いたいと思っています。”

出典:もがく建築家、理論を考える/東京大学出版会/2017年

 

今回のリノベーションでは、施工途中と完成後の2回見学会を開催させていただく予定です。

素材の表情豊かな空間。

気になった方は是非見学会へお越しください。

 

遠藤


                            

                            

とある窓の会社に断熱体験に行って来ました!

(写真はNGでした…)

光は通したいが、熱は遮断したい。

視線は遮りたいが、風は通したい。

一見すると矛盾に感じる希望や思考を

形状や材質、角度や位置を工夫する事で

より理想に近づけていく。

家は窓に限らず家には様々なパーツがありますが

特に機能的な面について、ロジカルに実現していきます。

まずはご相談ください。

 




                            

こんにちは

森井です。

先日お客様のお引渡し後1年点検にお伺いしました。

1年が経つ頃によく聞かれるのが
無垢フローリングお手入れ方法です。



 

無垢フローリングの仕上げには、
大きく分けて「ウレタン・UV塗装」「オイル塗装」「無塗装」の3種類があります。

~無垢フローリングの中でも特に人気のある「オイル塗装」のお手入れ方法を紹介します~

「オイル塗装は」木材の質感が感じられ、人気のある仕上げです。
膜をつくらない浸透系のオイル、蜜蝋などがこちらにあたります。

「オイル塗装」の普段のお手入れですが・・・

掃除機、乾拭きでOKです!

メンテナンスが大変そう・・・と思われる無垢フローリングですが、普段はこれだけです。
簡単ですよね。

汚れが気になる場合のみ、フローリングメーカー推奨のクリーナーを使用してください。

定期的なメンテナンスとしては、年に一回を目安に再塗装を行い、表面の保護力を高めてあげましょう。

こちらも、最初に使用しているオイルと同じものを使うとよいです。
①なるべうすーく刷り込むこと、②しっかりふき取ることががコツです。

メンテナンスも楽しみながら、

無垢フローリングならではの風合いと経年変化を感じてみてください。

 






                            

PAGE TOP