内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

先日、弊社で施工を担当させて頂いたご自宅へ、お邪魔させて頂きました。

お施主様は、お二人とも第一線でバリバリと働かれているご夫婦。

お二人の住まいに対する熱い想いを実現したい!と、

お施主様、設計者さん、我々施工者がチームとなって作り上げたプロジェクトでした。

特に、お施主様・設計者さんがこだわりぬいたのがこちら。

階段を貫く本棚です。



お二人のお仕事柄、『本を沢山収納したい』というご希望により、

階段のスペースを生かした光が通り抜ける本棚となりました。



竣工したばかりの『生まれたての空間』が、

お施主様が手を加え、暮らすことで、

いきいきとした『世界に1つだけの住まい』になっていて、

とてもともても、嬉しく思いました。

デザインによって、

“機能”そして“想い”を

かたちにすることの大切さを改めて実感しました。

今後の空間の変化がとっても楽しみです。



■プロデュース:NENGO
■施工:NENGO
■設計:榎本悦子デザイン事務所

森川


                            

皆様こんにちは。建築統括本部平岡健太です。

11月中旬にして寒さの限界を感じております。

今年を乗り越えられるのかと思う今日この頃。。。

 

さて、今回は数多く住宅に関わってきて、ここはもっとこだわりたい、追求したい。

なんて思うことを2つ程書いていこうかなと思っております。

 

一つは収まり。

 

建築屋の我々はこの場所は絶対こうやって収めた方が良い。など

強い気持ちがあるものです。お客様からしたら細かい話で

分からないことも多くないはずです。ただ、絶対には必ず理由があって

この間取りでこの生活スタイルだから、カッコ良く仕上たいけどしっかりとした

構造でなくてはならい。などなど。

全てを補った上でのNO.1収まりを提供する。それが我々建築屋の考え方です。

この考え方をもっともっと追求してこだわりつづけていきたい。

時代にも臨機応変に対応できる建築屋=常に追及し続け、NO.1を提供する

だからこそこの職は永遠に勉強なのだと、、、そう感じています。

(※考え方によってですが、流れる時代に生きる我々にはもしかしたら一流の言葉はないのかもしれないなんて思ったりも。。。)

 

二つ目はらしさ(性欲)。

 

例えば皆さんは住宅購入、賃貸にお引越しされる際何を基準に気決めますか?

金額?間取り?駅近?デザイン?色々あると思います。

我々はそんなモノ売りはしません。その人がどのように住みたいか、どんな想いでこの場所を選んだのか、どんな未来を想像しているか、そんなことから入ります。要はコト売りです。

(※もちろん条件はそれぞれありますので、含めてベスト提案します。)

上記を全て理解した上でお客様にとって最高な住宅のお手伝いをしていくわけですが

具体的にらしさを全て追求しきれているかな?と思うことが最近ありました。

考えると1つだけ、ワードがあります。(追求しきれていなかったコトに大反省。。。)

人間の三大欲求の一つ、【性欲】です。

 

んっ?なんて思う人も少ないかもしれませんが、私は住宅を考える上で、その人らしさを考える上で、三大欲求は大きな答えに繋がる思っています。

ただただ、こんな大きなこと言っていますが

お客様に性行為は週に何回?奥様との月数は?なんて聞けません。

(※私は以外とビビリなので。。。笑)

いや、ただ最近の世の中を考えると、(少子化進行、性行為消極性増加など)

そんなことは言っていられないし、お客様らしさを完全に追及できていない。

そんなんじゃ駄目だ!!!って思っています。

これからはその人の為に真剣に向き合いたいと思います。(※ビンタされないように。笑)

(※もちろんお客様によって住宅に性欲を組込むか込まないかも踏まえて)

寝室をその気にさせてしまう空間にする。など、建築屋として提案方法はたくさんありますので。

 

話が長くなってしまいそうでここで一度終わります。笑。

 

話は戻りますが、最近この仕事をしていてもっともっと追求したい、こだわり続けたいの思いがより一層強くなってきたので今回この2つをご紹介いたしました。

この二つをもっとレベルアップ、加速して、周りの人を幸せにできればなと思っています。

 

※スケベな話が半分入ってしまったので、嫌いな人はすみませんでしたm(_ _)m




                            

NENGOの佐藤です。

川崎モデル
ご存知でしょうか?

そんな川崎モデルを広く世に広めた方が
なぜ、川崎モデルは成功したのか?」の著者;藤沢久美さん

そんな藤沢久美さんと三浦川崎副市長・川崎モデルのチーム川崎の皆様と
先日 川崎巡りをしました。

*********************************

#日進月歩~相楽ホーム@日進町

#unico

# VUILD

#創壮

# 中目卓球ラウンジ川崎分室

# unicourt

# NENGO

#トカイナカ

# タベルナヴァッカクアトロ

**********************************

といった川崎満載のコース。

まだまだ川崎には注目度の高くて紹介したい場所はたくさんあるのですが、残念ながら1日で回るのは時間の関係でここまで。

こうやって見学会をさせて頂けるのもunicoさん初め、関わる皆様のお陰です。大感謝です。

今後もこうやつて注目して頂き、川崎市の盛り上げにもっとたくさん関わり、その地域らしさ、川崎らしさの一助になれればと思うばかりです。

 

※チーム川崎はメンバーも変わり、久々の方も初めましての方もいらっしゃいました。

3年前に私が川崎市役所の方にメールをしたことが懐かしく思います。

そして今では多くのご縁を頂いております。しかしあの時のメールはなくても、ご縁は必然だったのかもしれませんね。

そして念願の藤沢久美さんにもようやくお会いできましたので記念の2ショット!@unicourt

ガンジーポーズ?!というリクエストだったので。。。笑

現場監督の本業は?! 後日のブログで

See you  soon!

 




                            

PAGE TOP