内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

8月4日~11月5日まで 横浜トリエンナーレが開幕しております。

3年に1度の世界的なアートの祭典。

横浜を舞台に催される世界的なアートの祭典。

そんなトリエンナーレは今までは観る側でしたが、今回はご縁があって我々NENGOでも関わらせて頂きました。

メイン会場の一つである横浜美術館のグランドギャラリーという入ってすぐの展示場の設営を当社で施工しております。

今回こんな素敵なご縁をいただき、いつも大変お世話になっている設計の

株式会社フジワラテッペイアーキテクツラボ一級建築士事務所

との現場です。

 

今日のブログはディテールの振り返り(現場メモも兼ねて)

■床・手すり 材は杉の集成材のCLT材を使用 共に90角の材料

床の90の継ぎ目はプレカットにて施工

美術館の既存の御影石を傷がつかないよう取り合い部分はブチル系のゴムを緩衝材として使用。


 


 

 

 

■壁・階段側板・ベンチ 壁・側板はOSB材 9tを使用

ベンチ材は24tのOSB材

手すりに絡む材料は28tのOSB材を使用

空間を仕切る壁は防炎塗料のクリアを使用し消防をクリアしています。

ベンチや・木部の素地の色部はツヤ消しクリア(ペーパー掛け)にて仕上げ。


 

 


■塗装 床と壁OSB部分;AEP塗装仕上げ(白2回ふき取り)+木用クリア(つや消し)

※通常ふきとり仕上げはオイルステインなどの染色剤での使用が多いですが、 今回は「塗りつぶし」により近い塗装の被りを出すためにAEPの塗料を採用。

拭き取りの仕様に関しては少し施工性が悪いので材料選定などは次回からの課題であります。


 

 

 


 

 

 

【全体】

アーティストの作品が展示されるとこの様になります。


 

 


※巨大な竹の造作は、、

ジョコ・アヴィアント
《善と悪の協会はひどく縮れている》2017
ヨコハマトリエンナーレ2017 展示風景

【振り返り】 通常、美術館などの設営はシステム化された資材で構成されていることが多く、これだけ木をふんだんに使用して、 造作で作り上げている展示は珍しいかと思います。

この造作感を出したいというのが設計者の意向でもありました。

更に会期スタートの8月4日に完了して終わりではなく、 開催期間中も変化し続ける「トリエンナーレ」の特性とうまくシンクロさせながら この4ヶ月間で変化していく催しになることが期待されます。

 

よく我々が「家つくり」でも行なっている「余白」を残しながら、そこに住まう方に依って創り上げられるのと同じ事だなと思い強く共感しました。

3年に1度の会期なので次回は、、、、2020年!

五輪と併せて盛大な催しになること間違いありません。

是非トリエンナーレに足をむけてみてください。

 

佐藤

 

全て「ヨコハマトリエンナーレ2017 展示風景」

 


                            

外装リニューアル事業部の森川です。

昨日打ち合わせ後に街を歩いていると、目を引く建物に出会いました。

その建物とは、こちら。

目地

遠目からみると、一見変哲もない綺麗な白い建物、なのですが、
近くでみると、なんとも心動かされるデザインがほどこされていました。

それは、「目地」のデザインです。

窓フレームに対して伸びるラインは「ひびわれ誘発目地」
水平に伸びるラインは「打ち継ぎ目地」です。

これらの目地(溝)には、「シーリング材」という弾力性のある材料が充填されています。

ちなみに、「打ち継ぎ目地」は、鉄筋コンクリート造などの建物の主に各階ごとに分けて打ち込まれたコンクリートの接続部分をさします。接続箇所は、構造上・防水上の弱点になり易い為、外壁等では雨水浸透防止の為に目地を設け、シーリング材で充填をします。

「ひび割れ誘発目地」は、名前の通り、ひび割れを意図的に発生させる為の目地を指します。
コンクリートは、温度や湿気等により伸縮する性質をもっている為、それが原因でひび割れが発生します。
「ひび割れ誘発目地」、そのひび割れの発生箇所をコントロールするために使用します。

一般的な「ひび割れ誘発目地」の位置は、なるべく目地が目立たないよう、
窓等の開口位置に合わせて水平垂直にいれる事が多いですが、
こちらの物件は、通常は目立たないように隠すしてしまう機能としての目地をあえてデザインとしてみせていました。

機能とデザインを分けずに考えると、まだまだ新しいデザインが生まれるかもしれません。


外装リニューアル事業部 森川




                            

ケニヤ、アバーディア公園内に環境に寄り添った
ホテルがあります。
TOP TREE HOTEL
建物に価値があるのではなく
その場にたたずむこと、
その環境をともにわかちあう
すばらしい関係がありました。
IMG_1447

IMG_1448

IMG_1449

IMG_1450

IMG_1452

IMG_1453

IMG_1454

IMG_1445

朝 昼 夜 と同じ景色はなく、
彼らも水を飲み、くつろぎ、家族の絆
を保っています。
その土地でのありかたのひとつとして
とても心地のよい経験でした。 大井




                            

PAGE TOP