内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

こんばんは NENGOリノベーションの七條です。

 

前回に引き続き、「光」のお話をしたいと思います。

 

 

日本の伝統的な住宅では、深い庇によって直射日光を遮り、縁側や地面に反射させることによってやわらかい日差しを取り込んでいました。

その日差しはさらに、障子による「ろ過」や畳や天井の反射を繰り返すことで拡散し、陰影のグラデーションを生み出していました。

 

ここに、日本人ならではの繊細でやわらかい感性をみることができますね。

 

 

このような思想・感性が現代に受け継がれているものが「間接照明」です。

 

店舗やレストラン、住宅まで幅広く用いられています。

天井などに設置する直接照明と違って、反射を利用するために穏やかな光が広がり、陰影が浮き出しやすくなります。

直接照明は間接照明に比べ2~3倍の照度をもちますが、ある部分に集中してスポットが当たるために、周囲は暗く狭く感じてしまいます。

反対に間接照明は壁や天井に光が拡散するために、空間が広く感じられるのです。

 

 

間接照明にも様々な種類があります。

 

・コープ照明  天井から全体をやわらかく照らします。天井が明るいことで、空間の圧迫感を減らすことができます。

・コーニス照明 壁面に近い天井部より、下方向に向かって光を照らします。落ち着いた空間を演出し、壁面の素材感を活かすことができます。

・バランス照明 上下双方向から光を照らすことによって、影を抑えます。洗面所でよく使われます。

・アッパー照明 下から光を照らすことで立体感を生みます。ドラマチックな印象になります。

・家具間接照明 家具の上部や下部に設置することで、家具や空間の重心を強調します。

 

こうした方法に加え、色温度・照度・他の照明とのバランスを考慮し、照明計画を進めていきます。

 

 

ここで、弊社が手掛けたプロジェクトを何点かご紹介します。

 

burogu1

上の写真はコーニス照明の例です。

レンガの質感が活きており、上質な空間に仕上がっています。

 

 

burogu2

こちらは自然光によって陰影感を生み出し、落ち着いた空間を演出しています。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

 

「光」ってとても奥深いですね。

 

光はシーンや気分に合わせて空間を演出することができる非常に大切なエレメントです。

 

NENGOリノベーションでは、自然光の取入れ方や照明にこだわり、空間をプロデュースしています。

詳細は、ホームページの建築事例をご覧くださいませ。

 

 

 

 

それでは、また来週

 

NENGOリノベーション 七條 http://medicineid.com




                            

20140615-00000184-mbrasiln-000-3-view

サッカーワールドカップも佳境を迎え盛り上がっています。テニスのウインブルドンも見放せません。どうしても夜更かしになってしまいますね。俄かスタジアムでの観戦は 明るい派? それとも暗い派?リビングルームもLED光源の普及で団らんスペースからシアターへの様変わりも普通になりました。 青白いあかりと温かみのあるあかりでは盛り上がり具合や興奮度も変わってきそうな気がします。

かなり大雑把ではありますが、ちょっとご説明。色温度(K/ケルビン)というのですが、数字が低いほど温かみがあり、高いほど青白く。 イギリスの物理学者、ケルビン(グラスゴーのケルビン川とか)卿ウィリアム・トムソンさんの「K」だそうですが。

 

曇り空        6500K     昼白色蛍光灯(青白い)

日の出2時間後   4500K     白色蛍光灯 (白い)

朝日 夕日     3~2000K    電球色蛍光灯(温かい)

 

ろうそくも2000kぐらいです。どのあたりでの計測かはわかりませんが。あの風に揺らぎと呼応して影がゆらゆらするのがなんとも言えません。揺らぎのある扇風機があるぐらいですから、そのうちf/1揺らぎ照明器具が出てくるかもしれません。 もっとも、ホンモノの蝋燭にはかないませんが。

 

1152659565

 

和ろうそくは芯の太さによって炎の揺らぎ方がかわるとか。洋蝋燭より長時間もつらしいとか、家族でこの夏の夜に体験したいです。この季節ならではの風情をみつけて、楽しみたいですね。 まずはこれから?

 

thumb5

蚊遣火 かやりび http://medicineid.com

 

NENGOリノベーション オオイ




                            

皆様こんにちは。

NENGOリノベーション 平岡健太です。

ようやく七月に突入いたしました。 medicineid.com

夏は目の前と思いながらも曇り空が続きますね。

先日おばの家に行きいつものようにゴロゴロと・・・

畳の上でゴロゴロが当たり前になっていると気付かされました。

皆様も「畳っていいよなぁ」の経験ないでしょうか。

 

日本人はかなりの高い確率で口を揃えて言う言葉があります。

「温泉旅行行って和室の部屋でおいしいお酒飲んで・・・」

だったら昔みたいに住まいに和室の空間を入れてあげればいいと。。。

現代は畳の需要がかなりの減少をしているそうです。

どうしてこんなに落ち着くのにと私は思います。

畳っていいよなぁと思うのはもちろん実際に色々と活躍をしてくれます。

まずはクッション性があること。お子様がいる住まいでは必要性がかなり高いですね。

そのクッション性から遮音性もあるといわれいます。

また、調湿性もあります。それにより断熱性も発揮するのです。

匂いが良いという方もたくさんいますね。

日本の伝統であり、皆の癒しであり求める和の畳の良さを十分に理解して

今後需要が増えていけばと思っています。

 

プチ畳burogu

 

私たちNENGOリノベーションは歴史・気候・風土・文化を取り入れた、

心と身体が休まる空間を提供しています。

 




                            

PAGE TOP