内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

皆様こんばんは。

NENGOリノベーションめんそ~れ平岡です。

早いことで1月も終わってしまいますね。

2月は年間で一番気温が下がる月。

日数が短い月でもあるので寒さに負けず頑張って乗り越えましょう。

 

さて、前回の続きです。前回ご紹介させていただいたH様邸の現場が竣工いたします。

解体工事からスタートしフルスケルトンの状態からつくり上げました。

振り返ってみると長かったようであっという間な日々でした。

 

どの現場でも言えることですが、今回もたくさんの方と出会いたくさんの学びや喜びを体感することができました。

携わってくださった方々に心から感謝いたします。

ありがとうございました。

 

たくさん=成長に繋がる気がしました。

 

残りわずかですが、クライアント様の喜んでいる姿を想像してお引渡しまで命張っています。

 

そこで、クライアント様のご厚意にて弊社にてお手伝いさせていただきました

H様邸竣工見学会を行ことになりました。

中古マンション×リノベーションならではの生活空間を体感いただけます。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

――――――――――――

「都会の男の部屋」

 

JR目黒駅から徒歩3分の立地に佇むヴィンテージマンション「目黒プラザ」。

昭和46年に建築され、その姿は独特のプロポーションで貫録があります。

その歴史あるマンションの一部屋をフルリノベーションさせていただきました。

エントランス・書斎・収納・寝室・リビング・サンルームは、完全に間仕切ることなく

オープン棚や床の素材を切り替えることで緩やかにつながっています。

熱環境については、リノベーション前は無断熱でしたが断熱材として発泡ウレタンを施し

建築当初からある24時間空調(セントラルヒーティング)とあいまって年中快適でしょう。

季節のよい時期は窓を解放することで、部屋中に風が通り抜け自然の動きを快適に感じ取れることと思います。

 

日 時:1月31日(土)11:00から16:00

住 所:詳細はお問い合わせいただきました方へ個別にてご連絡いたします

JR目黒駅から徒歩3分

 

プロデュース:NENGO・中村 彰

設 計:DOOGS DESIGN・中島保久

施 工:NENGO・平岡健太

※事前予約制となっております

※定員がございますので予めご了承ください 下記アドレスへ「会社名」「ご氏名」「ご連絡先」「人数」をご記載の上、ご連絡くださいませ。

nengo-renovation@nengo.jp

パウダールーム LD

 


                            

こんばんは

NENGOリノベーションの七條です。

 

先日、群馬へ建築探訪へ行ってまいりました。

・群馬音楽ホール/アントニン・レーモンド

 

高崎音楽センター

 

高崎音楽センター2

 

 

・旧井上房一郎邸/アントニン・レーモンド

井上邸1

 

旧井上邸6

 

 

・富岡製糸場

富岡製紙上

富岡製紙上2

 

 

 

 

一番のお目当てが「旧井上房一郎邸」でした。

建築は自然と呼応するかのように佇み、

その敷地に踏み入れた瞬間に、ときの流れが変わるのを確かに感じました。

 

 

井上邸4

 

 

連続する掃出し窓と障子は光と風のレイヤーになっており、

動かすことで光を透過したり、やわらかくつつみこんだり、影をうつしだしたり

表情を刻々と変えました。

 

井上邸3

 

井上邸5

 

 

「建築=不動」なものに「時」の概念をうつしだしています。

 

 

レーモンドは「単純」「直裁」「簡素」「自然」「経済」の五大原則を旨としていました。

 

この建築竣工当時も戦後間もない頃で物資も不足していましたが、

レーモンドは、足場板などを工事現場から資材を入手するなどして建築をつくりあげていきました。

実際、高価な建材はほとんど見受けられません。

 

しかし、簡素ながらも非常に上品な佇まいをしています。

 

まるで料理のようですね。

シンプルな調理で素材の味を引き出し、仕立てる。

素材のことを知り尽くしているからこそなせる業。

 

最近は調味料が過剰で、素材の力がしんでしまっている建築が多いように感じます。

「シンプル」こそ一番難しいことだと、最近改めて感じています。

 

この建築に身を置いて、レーモンドの哲学をからだで感じました。

 

井上邸2

 

 

では、現代に、これからの未来に、何が活かせるのか?

自分の中に落とし込んで、建築と向き合っていきたいと思います。

 

 

最後に完成お披露目会のお知らせです。

歴史あるマンションの一室を、最大限そのキャパシティーを活かしフルリノベーションを行いました。

ここでは「部屋」というよりも「生活の場」と表現するのが適切でしょう。

「場」がゆるやかにひとつの空間としてつながっており、光と風が心地よく抜けます。

NENGOが大切にしている考えを体現している空間となっておりますので、

お時間の許す方は是非お越しくださいませ。

詳細はこちらをご覧ください。

 

 

NENGOリノベーション 七條

 

 

 

 


                            

こんばんは

NENGO リノベーション佐藤です。

今日は半年前から取り組んでいる横浜のリスト×YGSA(横浜国大の院生)×当社NENGO の共同プロジェクトの最終プレゼンでした。

リストさんの所有されている2つの賃貸マンションの空いている部屋を2つのプロジェクトチームに分かれてリノベーションを通してオーナーである

リストさんにメリットをもたらす。そしてこのプロジェクトによってマンションが街の起爆剤になる様な突き抜けた案のプロジェクトにする。

チームの皆の圧倒的な頑張りで無事プレゼンを終える事ができました。

大々的にアップしたいですが 今後更に今のプランをブラッシュアップさせて形にしていきますので、おいおいアップします。

それにしてもチームヒルトップすごいパワーをもったメンバーの集まりだと今回改めて認識しました。

一人一人紹介したいですが、今日はプレゼンターを務め大活躍してくれたNENGO安田

「プレゼンはいかに聞き手の心を動かす事!」 を見事に実践してくれた。

プレゼン始まってからの彼の落ち着き様はなにかが降りてきたのか?!とさえ思えた。

本人曰く、プレゼンを乗り越えた要素は「空気感と自信」とのこと

「空気感」は心強いメンバーのフォローと明るい送り出し。

「自信」は、かけた時間と考え抜いた自負。

なるほど。。なるほど。

私も「自信」を得る為に少し考え方・動き方を変えようと思います。

引き続きチームヒルトップの皆様よろしくお願いします!

チームヒルトップ メンバー チームヒルトップ ヒルトップからの景色

 

 


                            

こんばんは

NENGOリノベーションの七條です

 

今は着々と次の現場に向けて準備をしています。

 

さて、先日私が学生時代に設計事務所のオープンデスクでお世話になった

設計の方に久々にお会いしてきました。

今は独立されて、ご自身の設計事務所を設立されています。

 

お互い自転車乗りなので、多摩川で集合して

川沿いを小2時間ほどサイクリングしてきました。

その日は陽があたたかく、風もおだやかで

とても心地よかったです。

DSC_0162

 

 

夜はおでんを肴に焼酎を呑みながら近況を語らいました。

この方は、「かっこいい家をつくる」とか「自分の作品を残す」ことよりも

いかに「チームで良い仕事をつくりあげるか」ということを大切にされていて

非常に共感でき、改めて尊敬しました。

 

チームとは、クライアント・設計・現場監督・職人のことです。

私もこの仕事に就いて、「建築は人の手でつくる」ものだと深く実感した次第です。

設計はお施主様の要望をもとにコンセプトやそこで生まれる暮らし、光や風など様々な要素を図面に落とし込んでいきます。

そして現場ではその意図を汲み取り、監督・職人一丸となって昇華させる。

 

この方は、各立場の人が気持ちよく仕事ができるように気配りをし、コミュニケーションをとっています。

そして日々の積み重ねで信頼関係を築いています。泥くさいことも当然あります。

竣工後も、「意思の疎通ができてとても気持ちよかった。一緒にまた仕事をしよう」と監督や職人と約束しているそうです。

 

とってもパワフルで愛情深い、同じ女性として目指したい姿です。

そして、学生時代から面倒みてもらっていまでもこんな関係を続けてもらっていることに感謝です。

 

 

DSC_0154

 

 

 

 

 

私も日々精進です!

 

 

NENGOリノベーション

七條

 


                            

 

三人の左官職人さんが作業をおこなっています。

さてだれが親方でしょうか?

 

IMG_3051

 

6代続く左官屋さん、

様々な時代の変遷の中で、

時代と共に材料・職人気質がかわり

求められる内容もさまざまに変わってきても

愛され続けてきました、。

いろいろとお世話になる中で、

見聞きした事で左官にかかわる事柄は

沢山あり私が不勉強なのでそれはまたの機会に。

親方の手さばきは本当に素晴らしく、

手の際の素早さ、美しさはいくら見ていても

見飽きる事はありませんでした。

かなり邪魔だったかも。

 

IMG_3081

 

左官作業は仕上がりや機能をまったく

気にしなければ壁に塗る(つける)事は出来ますが、

シンプルな材料であればこそ様々な道具、

手法があり、それを使いこなし、当たり前のように

仕上がっていることに感動を覚えました。

フツウはすごい事なのです。

 

IMG_3084

 

にほんには素晴らしいブンカと歴史と記憶があり、

そして受け継いでいくDNAがあり

われわれには、

われわれらしくゆたかに暮らせる知恵があるのだと。

 

 

NENGOリノベーション

オオイ


                            

PAGE TOP