内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ





大きなフウセンが六本木にやってきました。

アークノヴァ。
巨大な膜のコンサートホール。
アートを通して希望と信頼を築くこと、
それを分かち合い、視野が広がる起点になればという
考えで始まり、2013年から続いてきたそうです。

ゲイジュツは衣食住ではないけれど必要とされているもの、
カタチがあるのでモノでもありますが、
コトとして(観て、聞いて、考えて、感じたりする)
大切な役割があり、モノをつくっていく上で大切なもの。
ケンチクは大切なコトを包んで交わらせ伝えてくれる膜、
包まれた思いや考えを膨らませ大きくマチへと。

東日本大震災で被災された方々への支援プロジェクトで
行動が我々の中にある限り、我々には希望がある。
「美は世界を救う」という言葉に象徴されるように
国境を超えて人が人を心配する心が、かたちになって
表れたものです

ケンチク的には空気膜構造物で、塩化ビニールコーティン
グされたポリエステル樹脂膜製、高さ18m、幅30m、
奥行36m。1時間程度の送風で494人が収容できます。

ヒトがヒトをおもうキモチがマチをつくります。

発起人 ミヒャエル・ヘフリガー芸術総監督
    (ルツェルン・フェスティバル)
    梶本眞秀KAJIMOTO代表取締役社長
基本構想・デザイン アニッシュ・カプーア(現代彫刻家)/磯崎新(建築家)
建築設計 磯崎新イソザキ・アオキ アンド アソシエイツ


大井


                            

こんにちは。

先日、緑の空間活用を通して地域を元気にする企画を考えるという「みどりのリノベーション講座」
に参加しました。

http://www.tokyo-midori.net/pdf/renovation.pdf

練馬区の豊かな農の風景をいかに将来まで残し、活用していくことができるのかを考えた3日間でした。

最終発表のあと、”リノベーションとは、最小限の手を加えて既存の関係性をよりよくすることである”
という一言を聞き、いろんなことがすとんと腑に落ちた気がしました。

せっかくなので、あらためてリノベーションとリフォームの違いについて調べてみました。

英和辞典によると、こんな単語が載っていました。

reform:改正、改革、改善、訂正
renovation:革新、刷新、更新、修繕、修理

意味は似ていますが、reをとると、それぞれ目的が違うことが分かります。

form:形、形態、形式、
innovation:革新、刷新

つまり、リフォームが元に戻すための修復の意味合いが強いのに対し、
リノベーションには修復だけでなく、より良く作り替えるという目的が含まれています。

リノベーションが、 “inonovation”を再び起こすことと捉えると、
それは建物の修繕だけにあてはまるわけではありません。

既存の空間資源の豊かさに気付くこと
それらの関係性をよりよく再構築すること

まちづくりへの視点として大切にしていきたいと思います。



遠藤


                            

こんにちは、森川です。
先日、社内勉強会に参加してきました。

内容は、2020年の建築物省エネ法改正による、
住宅を含む全ての新築建物に対する「BELS」の適合義務化に向けて、「BELSの評価基準」を学ぶ勉強会です。



失礼しました。
こちらはバルスでした。
(人物:監督D氏・監督S氏)

本物はこちら。


(資料:住宅性能評価・表示協会)

*BELS:建物の省エネ性能(一次エネルギー消費量)を5段階でランク付けする第三者認証ラベル

要は、「何(設備機器・建物の仕様)をどうする(変える・選ぶ)と、どのくらいエネルギー、コストが削減できるのか」とういことです。

例えば、浴槽の場合。
断熱仕様の浴槽を選ぶと、無断熱浴槽の場合より、
約20,000円/年分の削減に繋がります。
(※75平米で3人家族の場合)

但し、「高性能な設備を搭載する=省エネ」に必ず繋がらない場合もあります。

例えば、日射を遮蔽する「Low-Eガラス(遮蔽タイプ)」は、
外気の熱をとりこまない為、夏は涼しいのですが、
室内を暖めたい冬の場合も、貴重な昼間の日射の熱も遮ってしまう為、冬場の日射取得が多い地域では、おすすめできない場合もあります。

われわれNENGOでは、単に高性能な設備を選び搭載するのではなく、
その地域や建築条件、そして予算により、
設備や建築仕様を“カスタマイズし最適化”する事で、
「最適・快適」な場所の提案する事を目指していきたいと思います。

モリカワ


                            

こんにちは

森井です。

先週からあいにくの雨、そして今夜は台風上陸・・・、
そんな天気に恵まれない週末でしたが、
セルフペイントレクチャーを行いました。


今回は廊下、リビング、キッチン、廊下、子供部屋とお部屋ごとに4種類の色をセレクトしました。



 

MILK CHOCOLATE、NUT BROWN、美味しそうな名前が並びます・・・。

 

今回は色だけでなく、テクスチャーも
「eggshell」、「stone paint fine」の2種類、
そして塗る箇所の下地も、①塗装用クロス(ルナファーザー)の上からと、②既存クロスの上からの2種類で部屋ごとにいろんな表情を楽しみます。

 

やはり塗装用クロスの上は刷毛の表情が繊細にでてお勧めですが、

クロスの上でも専用のシーラーを塗ることで、そのままの色が出ました。


元々NYで購入されたアンティークの木製家具、ペンダント、オークのフローリングで素敵なお部屋でしたが、壁がPOTER’S PAINTになると更にぐっと部屋の雰囲気が変わりました。
リビングは色で主張せず、置いてある木製家具が映えるお部屋にしました。


※写真はまだ1度塗りです。2度塗りで仕上げになります。

壁の真ん中は、お出かけ中の4歳の娘さんが戻ってきたら塗るためのスペースに残しておきました。

完成が楽しみです!


                            

一昨日当社NENGOに150万人都市川崎市の福田市長にお越し頂き演説をして頂きました。

福田市長を応援し続けて5年。川崎のイベントでは頻繁にお会いしておりましたが、
一昨日のように福田市長から直接、川崎の事、政策の事、そして川崎の未来の事をじっくり聞くことができたご縁に
感謝をしております。(予定20分でしたが、40分おお話頂きました。)

演説でもありましたが、
待機児童の事、中学校給食の事、殿町プロジェクトの事、商店街(銀柳街)での実証実験の事、公園の活用の事など
ぜーーんぶ自分ごとの様にわかります。結果を出してくださっています。
川崎市が良い方向に変わっている事を市民としても体感しています。

そして今、リーダー頼みます!ではなく、一緒に川崎を良くしていこう!にほーんの少しでも関われていることが
できている事にも感謝です。

お話でもあったいずれは次の市長に引き継ぐ時期がやってくる。その次の方の為に良い状態にして
引き継ぐ事までしっかり視野に入れられてる事などは感動しました。

さて市民が一緒になってつくる街。川崎の第二章がまた23日から始まります。(まずは22日の選挙ですが、、)
川崎の明るい未来へ!

#福田紀彦
#150万人都市 川崎
#100年後の街つくり NENGO
#NENGO 
#川崎市市長選挙
#福田市長の後ろの壁はポーターズペイント 











                            

PAGE TOP