内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

こんにちは

森井です。

暑い日が続いていますね。



さて、宮崎台の現場は、大工工事が佳境を迎えています。
壁のラワンがとても美しく仕上がっており、
お客様には感動しました、と嬉しい声をいただきました。

今週末に、PORTER’S PAINTSをセルフペイントで仕上げます。
今から仕上がりがとても楽しみな現場です。

8月頭に見学会をする予定ですので、
またご案内させていただきます!


                            

スキンヘッド佐藤です。

だいぶ暖かくなってきました。(が帽子はまだ欠かせません。寒さと直射日光対策の為、、、)
新年度気持ちも新たに迎えてから1ヶ月が経ちます。
当社の新入社員も毎日頑張っています。

ちょうどその新入社員も参加した当社入社式で行なわれた
NENGO街歩きこと、ブラNENGOで外堀りを街歩きしましたが、先週はこの都心から青梅街道をひたすら下る終着点;青梅駅市街の街歩きをしました。

 

ここ青梅は駅を降りるとレトロな看板や「昭和の街」を押し出して個性を出している街ですが、

全国の多くの都市で抱える悩み同様、駅前の商業施設の衰退化という課題を抱えています。

この衰退化にブレーキをかけ、住みたい、訪問したい、遊びたい!を掲げて、今「人」を呼びこむ努力をされています。

その動きの一つに空テナント(遊休不動産)のリノベーションなどがありました。

※ちなみに当社NENGOのミッションも、、、

気候、風土、歴史、文化をいかし、『らしさデザイン』をすることで
“住みたい”“遊びたい”“働きたい”街をつくります。 そして、日本を世界が憧れる国にします。

http://www.nengo.jp/

 

日本のどこの都市も抱える課題かと思いますが、、、なんだか親近感がありますね。

 

さてこれから街の様子を写真でざっくりですが紹介します。

(駅のホームに降りたつと出迎えてくれる看板もなかなか味がありますね。)

P_20170427_135055_vHDR_Auto

(駅のホームから眺める学校~実は駅降りてこんな感じで学校が見えるって、少ないですよね。。どこか四国の街にきたかのなっと?※完全な私の四国のイメージw)

P_20170427_135214_vHDR_Auto

(青梅は昭和の街で売りこんでいる?!ということをここで初めて知る。)

P_20170427_135221_vHDR_Auto

(駅はこんな感じ~改装中)

P_20170427_141544_vHDR_Auto

実際に駅へ降りて、駅駅周辺を歩いてみると、、、

(昭和映画の看板)

P_20170427_143209_vHDR_Auto

 

(ここにも昭和映画の看板)

 

P_20170427_142333_vHDR_Auto

 

(さらに、、とても個性のある看板@青梅街道沿い~フォントにグッとくる!)

 

P_20170427_142034_vHDR_Auto

 

 

(この通りはキネマ通りという映画の通りだったらしいが、、今は全くその面影がない。。勿体ない!!!)

P_20170427_142853_vHDR_Auto

 

(青梅織物工場跡地~青梅は青梅縞(しま)と呼ばれる絹と面をタテ・ヨコに織り込んだ藍染の縞柄が江戸で大人気だったらしい。

他には青梅の寝具も明治から昭和中期まで一世風靡したようです。)

P_20170427_144615_vHDR_Auto

(現在この織物工場の中はリノベーションされて、ものづくりクリエイターの方々のアトリエになっていました。~梁がイイね!)

P_20170427_145127_vHDR_Auto

 

(こちらもその当時の織物機がそのまま残されていたり、イベント時は壁にプロジェクションマッピングなどが投影され、イベントを盛り上げているとの事。)

P_20170427_145239_vHDR_Auto

 

(この施設のマップ~O・R・I・C123というらしい。 織物だけに、、オリックか!?)

 

P_20170427_150207_vHDR_Auto

(この大谷石の建物はその昔旧発券倉庫が今はからだにやさいい野菜をふんだんに使ったイタリアンレストラン?!~既存が生かされていてとても良い。リノベーションの醍醐味?!)

P_20170427_150325_vHDR_Auto

 

(ゲストハウス!!!~元宿場街という割りに宿が少ないなーと思っていたらありました!

リノベーションし甲斐のある情緒ありまくりの建物!中に入りたかった・・)

P_20170427_174302_vHDR_Auto

 

(街のあちらこちらに見える路地からみえる自然の切り取り~この大自然との共生がこの街の大きな価値)

 

P_20170427_174122_vHDR_Auto

(別の眺め~電線ってホントに邪魔ですね。地中化!地中化!!!)

 

P_20170427_153656_vHDR_Auto

 

 

街歩きはこのくらいでしたが、やはり面白い街、街が盛りあがっている街、変化している街に共通して言えるのはキーマンがいる。ここ青梅にもタウンマネージャーをされている國廣さんというパワーある素敵な女性がいらっしゃいました。(写真は撮り忘れました・・・・でも有名な方なのでググればすぐ出てきます。w)

 

國廣さんは街づくり会社も立ち上げられ、運営したり、空き店舗不動産という空きテナントとこれから事業をされたい人とのマッチングだったり、定期的に行なわれるマルシェのイベントだったり、今回の様な、我々みたいな視察団体のナビゲートだったり、青梅市をPRをする為の発信や、既存住人との対話(これが1番大事かつ大変な事のように思える。)etc….まだまだ見えない動きがたくさんたくさんあると思いますが、とにかく精力的に活動されている。

こういった方の活動は是非応援したいし、個人的には街つくりを行なう為の大きな刺激になりました。

当社NENGOも近くを通る大山街道での街つくりを行なっていて、どちらも元宿場街というキーワードもあり、ここ青梅市とシンクロするところもあるので、今回の青梅市の活動を知ることで川崎の街つくりに対しての可能性を多いに感じた青梅視察になりました。

國廣さんありがとうございました。

#青梅市 #街つくり#NENGO  # 川崎市 #リノベーション #大山街道 #100年後


                            

こんにちは
カワサキ在住の佐藤です。

私はカワサキに住み始めてから7年が経ちます。(ちなみにNENGOに転職してからは5年目)

当時の自分もそうですが、カワサキに対してネガティブなイメージを持っていました。

今でもまだカワサキに対してネガティヴイメージを持つ人はいるかと思います。

遡ると京浜工業地帯の公害の空の色がグレイなイメージや

競輪、競馬、パチンコ等のギャンブル、風俗街、繁華街もあれば、ドヤ街と呼ばれる簡易宿泊所などカオスさも、ネガティブイメージを植え付けているかなと思います。

しかし今では公害の歴史は、予約のなかなか取る事のできない工場夜景ツアーに取って変わっています。

そう「工場萌え」ってやつです。

そんなカワサキが今熱いです

カオスな街;カワサキでは今、民間レベルでの街おこしになりうる新たな動きがあります。(「3本の矢」とボクは勝手に命名。)

キーワードは、場づくり、インバウンド、川崎らしさ、リノベーションなど…

まず1本目の矢

「場づくり」を掲げ昨年6月にOPENした

ROCK HILS GARDEN

http://upbbq.com/

ビルの屋上でできるBBQ。アーバンキャンプをコンセプトに、特別な時間を過ごす事ができる 場所。

ここはテントも宿泊できますが、室内にはゲストハウスも完備

今まで川崎駅で降りた事のない1.000人規模の人達をカワサキに呼び込んでいます。

次に「2本目の矢」

昨年9月OPENした

ON THE MARKS

http://www.on-the-marks.jp/kawasaki/

元中古のビルがゲストハウス兼cafeレストランとして生まれ変わった場所

現在インバウンド効果を存分に発揮し、国内のみならず国外の方も

カワサキを知って頂いております。

川崎って羽田空港から実は15分圏内なんですよね。

(品川まで9分。横浜まで10分。これ実はあまり知られていない。)

 

そして「3本目の矢」が我々NENGOがお手伝いさせて頂いている

(仮称)日進町Y-ビルプロジェクト!

築50年弱のオフィスビルがリノベーションに拠って大きく変わります。

その杮落としとなりうるべく第一弾は倉庫がクールなバスケットボールコートに!

バスケ 入口 バスケ⑥ バスケ① バスケ② バスケ③ バスケ④ バスケ⑤

 

日進町という場所をご存知の方であれば尚、この新たな動きに驚く事かと思います。

そんなバスケットボールコートのお披露目レセプションが今週の木曜日開催します。

6月23日(木)13:00~16:00

https://www.facebook.com/events/1054037398001903/

今後リノベーションが続く魅力的な建物もチェックしてみてくださいね

CHECK IT OUT!!!

佐藤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


                            

こんばんは

NENGO RENOVATIONの七條です。

 

本日はセミナーのお知らせです。

今回はなんと家具好きでは知らない人はいない!「IDEE」とのコラボセミナーです!

テーマは「中古住宅物件の選び方と家具から考える空間づくり」。

 

壁で仕切るのではなく家具でゆるやかに空間を文節してあげたり、色彩のアクセントとしたり、空間づくりにおいて家具は住まいにおいてなくてはならない要素ですよね。

個人的に家具は「間」を生み出し、素材感や色彩でより個性を空間に反映するエッセンスだと感じています。

住まいはハコが出来上がり、家具が入り、人が住まうことで本当の完成といえます。

 

不動産選び〜リノベーション〜インテリアコーディネートまでトータルでレクチャーする大変貴重な機会です!

みなさまのお越しをお待ち申しております。

 

詳細はこちらをご覧くださいませ。

 

 


                            

こんばんは

NENGOリノベーションの七條です。

 

先日、群馬へ建築探訪へ行ってまいりました。

・群馬音楽ホール/アントニン・レーモンド

 

高崎音楽センター

 

高崎音楽センター2

 

 

・旧井上房一郎邸/アントニン・レーモンド

井上邸1

 

旧井上邸6

 

 

・富岡製糸場

富岡製紙上

富岡製紙上2

 

 

 

 

一番のお目当てが「旧井上房一郎邸」でした。

建築は自然と呼応するかのように佇み、

その敷地に踏み入れた瞬間に、ときの流れが変わるのを確かに感じました。

 

 

井上邸4

 

 

連続する掃出し窓と障子は光と風のレイヤーになっており、

動かすことで光を透過したり、やわらかくつつみこんだり、影をうつしだしたり

表情を刻々と変えました。

 

井上邸3

 

井上邸5

 

 

「建築=不動」なものに「時」の概念をうつしだしています。

 

 

レーモンドは「単純」「直裁」「簡素」「自然」「経済」の五大原則を旨としていました。

 

この建築竣工当時も戦後間もない頃で物資も不足していましたが、

レーモンドは、足場板などを工事現場から資材を入手するなどして建築をつくりあげていきました。

実際、高価な建材はほとんど見受けられません。

 

しかし、簡素ながらも非常に上品な佇まいをしています。

 

まるで料理のようですね。

シンプルな調理で素材の味を引き出し、仕立てる。

素材のことを知り尽くしているからこそなせる業。

 

最近は調味料が過剰で、素材の力がしんでしまっている建築が多いように感じます。

「シンプル」こそ一番難しいことだと、最近改めて感じています。

 

この建築に身を置いて、レーモンドの哲学をからだで感じました。

 

井上邸2

 

 

では、現代に、これからの未来に、何が活かせるのか?

自分の中に落とし込んで、建築と向き合っていきたいと思います。

 

 

最後に完成お披露目会のお知らせです。

歴史あるマンションの一室を、最大限そのキャパシティーを活かしフルリノベーションを行いました。

ここでは「部屋」というよりも「生活の場」と表現するのが適切でしょう。

「場」がゆるやかにひとつの空間としてつながっており、光と風が心地よく抜けます。

NENGOが大切にしている考えを体現している空間となっておりますので、

お時間の許す方は是非お越しくださいませ。

詳細はこちらをご覧ください。

 

 

NENGOリノベーション 七條

 

 

 

 


                            

PAGE TOP