内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

NENGOリノベーション

NENGOリノベーション

内装・外装のリノベーションならNENGOリノベーション

ブログ

こんばんは、ご無沙汰しております

NENGO RENOVATIONの七條です

 

先週・今週の土日と、お施主様によるセルフペイントを行いました!

 

今回は壁、床、家具とボリュームてんこ盛り。

多くのご友人にもお越しいただき、お施主様チームには非常に頑張っていただきました!

 

壁はAEP の白をベースに,

それぞれの場に合わせてアクセントウォールとしてポーターズペイント、漆喰塗装を使用しました。

 

床は一部ラワン合板を使用しており、無塗装では色味やささくれが気になるということで

染色塗装を行いました。

職人にも頑張っていただき、ラワンの市松貼り、無塗装でも簡素ながら非常に上品で綺麗な仕上がりとなっていました。

そこに塗装を加えることで見違えるような仕上がりとなりました。

IMG_2011

 

IMG_2183

IMG_2176

IMG_2179

品がある=高価 ではないということを改めて実感しました。

つまり1番重要なのは「素材の力」を最大限引き出すということです。

 

歴史ある建築も、戦時中物資が不足していたため、安価な素材を活かしながらコンセプチャルな空間をつくりあげていました。

「簡素で上質な空間」、、日本の建築に通じる要素でありヒントが隠されているように思います。

 

それでは、また来週。

 

 

シチジョウ

 


                            

昨日、二子玉川で行われているリノベーション工事の安全パトロールに行った帰りに、スタッフと一緒に一般公開している旧小坂家住宅の見学に伺いました。

世田谷区は、岡本から瀬田、玉川、上野毛まで国分寺崖線が続いていて、崖の上から見る景色は二子玉川地区を中心に昔から風光明媚で有名でした。

旧小坂家住宅はその国分寺崖線の上に立っていて、いまでは多摩川を眺めることができませんが、遠く富士山を眺めることはできます。旧小坂家住宅もそうですが、このあたりは有名な別荘地でした。いまでも緑が多く静かな雰囲気は、昔の面影でしょうか。

さて、昭和12年に建てられた建物は、和洋折衷の空間構成。外装は茅葺き屋根の純和風の佇まい。

室内蔵があったり、電話室があったり、広い縁側から緑の向こうに富士山を眺められたり、当時の網戸や建具は無垢が経年変化をしていまでもその機能は損なっていなかったり、風が気持ちよく通り抜けたり、すごく気持ちよい空間です。冷房はなく、暖房設備はしっかりしていました。夏を旨とし、冬は暖房にて快適に過ごされていたようです。

家作りをしている方は、このような建築に触れることで、何かヒントを見つけられるかも知れませんね。ハウスメーカーの住宅展示場にいくより、きっと。

IMG_1373 IMG_1372 IMG_1371 IMG_1370

 

 

 


                            

綱島不動産マーケットのある街で行われたリノベーションが竣工します。
クライアントさんは、某有名アパレルメーカーにお勤めの30代前半の若いご夫婦。非常に感度が高く、特にご主人は店舗開発をされていて、設計打ち合わせは専門用語が飛び交うスタイル。BtoBのお仕事のようでした。
場所は綱島から徒歩十数分歩いた鶴見川沿い。マンションの7階ということで、鶴見川を見下ろし、遠くにランドマークタワーを見渡せる眺望豊かなお部屋です。
今回のテーマは、光と風が気持ち良い眺望豊かな大きなリビングダイニング。
リノベーション前はリビングダイニングと和室だった空間を一部屋にし、キッチンを移動したレイアウトにすることで鶴見川側にゆとりのあるリビングスペースがうまれました。
明日お引き渡しですが、これから素敵な家具が入り、クライアントさんらしい空気感が構成されたら、またお邪魔しようと思います。
そうそう、壁一面は今後思い出となるポーターズペイントのセルフペイント。スポーツと無縁のクライアントさんが夫婦で頑張って塗りました。数年経ったら、塗り替えるかも知れませんね。

IMG_1336[1] IMG_1338[1] IMG_1337[1] IMG_1340[1]040


                            

昨日、綱島不動産マーケットを展開する街「綱島」にある、綱島ラジウム温泉〜東京園〜、にて入社式が行われました。

奈良から鹿に乗ってやってきた東山と、多摩川沿いにある「おんぼろ不動産マーケット」の看板を見て面接にきてくれた河田。この2名が今年から仲間になります。

2名は温泉につかり、身を清めてから宴会場でNENGOと挙式というスタイルにて執り行われ、社長からの言葉、ポーターズペイントチームからは彼女たちにオリジナルカラーをプレゼント、ご両親からのお手紙にて涙あり、最後はは鏡開きにて式は終わりました。

その後は、宴会です。

飲めや、歌えや、のいつもの賑わい。かなり酔っ払ってしまい、最後の締めの挨拶をさせていただきましたが、グダグダでした。反省です。

さて、二人にとってはどんな入社式だったのか、感想を聞いてみたい。

綱島は温泉街として、戦前・戦後、東京の奥座敷と呼ばれ、80件ほどの旅館が建ち並んでいました。新幹線の開通とともに、箱根や熱海へのアクセスがよくなったことで、綱島温泉街は徐々に衰退し、いまは東京園が唯一残るだけになっています。そして数年後、綱島新駅ができることで駅前が開発され、東京園はその姿を消すことになります。残念でなりません。開発後も今の面影を残し、「新生東京園」ができることを期待します。

「綱島らしさ」を損なうことなく、開発をしていただきたい。綱島に人とお金が集まるように。


                            

中村です。

昨日、今月末にお引き渡しをするリノベーションの現場にて、クライアントさんの確認がありました。

クライアントさんと最初に会ったのは、昨年7月。設計をスタートして工事の着手に至るまで5ヶ月の間、クライアントファミリー、デザイナー、施工管理担当にて打合せを続けてきたのが今となっては非常に懐かしく思います。最初の打合せ間もなく生まれたお子さんは、いまでは体重が10kg近く、貫禄があります。お姉ちゃんと一緒に新しい家で走り回るんだろうな。

想いを詰め込んだデザインスタディ。その見積書を確認して….。ただ、全員が同じゴールに向かい知恵を出し合いVE(value engineering)。クライアントファミリーにもすごく頑張っていただけました。

大井町線を見下ろす50平米のバルコニー、大きな開口から空を見ることができるバスルーム、2つの個室の間に挟まれた書斎には視界と光が抜け家族の気配を感じられることができます。奥様が寝不足になるまで検討しつくしたステンレス製ナスラックのキッチン。某有名雑誌の編集をしているご主人がお持ちになっている本を収納する書庫。などなど、一つ一つ丁寧にデザインをしてまいりました。

IMG_1244

毎回打合せをした大井町の喫茶店が懐かしいです。250円のコーヒーをおかわりしながら毎回2時間ほど使わせていただきました。

 

もうすぐお引き渡し、新しい生活の日の出です。少し寂しくも、すごく嬉しい。

 

プロデュース:NENGO 中村

デザイン:スタジオA 内山/村田

施工管理:NENGO 七條

IMG_1245


                            

PAGE TOP